top of page

若手アーティストの作品をつなぐ



先日、横浜、関内にオープンした高級クラブ。若手アーティストの活動支援の一環になっていて、VIPルームに現代アートというお話しでした。最初は正直、どうかなあ?バランスとれるかなぁ?というのも合ったのですが、いくつかのポイントをおさえてバッチリに展示されました。この企画のコーディネーターさんも、めちゃくちゃ喜んで貰えました。若手アーティストの活動の現場を広げていく、、とても素敵な活動ですよね!

僕らも、現代アートには額縁要らないのでは、なんていう固定概念を壊してもらった素敵な仕事でした。「空間と表現をつなぐ」まさに額縁の存在は、やはり重要ですよね!!



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

どろあしって言うんです。(^^)

この、フレームの、左側背中側の、白木なつけ足を、どろあし(泥足)って言うんです。 何に使うかっていうと、作品が厚みがあって立体な時に、額縁の深さを付け足します。 通常は周りを緑色の紙を貼るのですが、今回は近似色の仕上げにしてみました。✨✨ どう?いいでしょ😊

Comentários


bottom of page